ニキビ治療で美容クリニック|整形で美肌をゲット

鏡を見る女性
`

顔のあばたを治す方法

整形

バランスのとれた食生活

思春期には誰でもニキビの1つや2つはできた経験があるものです。自然と治るものがほとんどですが、指で潰したりするとニキビ痕が顔に残ってしまうことがあるので要注意です。また大人になってからできるニキビもありますが、その場合はできる場所によって原因が違うのです。ニキビで目立つのは顔のTゾーンと呼ばれる額から鼻にかけての部位です。このゾーンは皮脂腺が発達しているのためできやすいのです。ホルモンバランスの乱れや前髪が垂れていると、その雑菌が付着して発生することがあります。できるだけ前髪がかからないようなヘアスタイルにすると防止できます。また食生活の乱れがホルモンバランスにも影響するので、栄養の偏らない食事と規則正しい食事が必要です。頬の部分にもニキビができやすいです。頬というのは乾燥しやすい部位なので、皮脂分泌が過剰になります。また冷えやホルモンバランスが悪いとできやすくなります。また顔を洗った時に拭くバスタオルの雑菌が原因になることもあるので、綺麗なバスタオルを常に用意しておくことも大事です。対策としては保湿ケアをしっかりすることです。またホルモンバランスの乱れは食生活の改善が必要です。自分では気づかない背中にもニキビができます。背中も皮脂の分泌量が多い部位なので、毛穴がつまりやすいのです。またシャンプーのすすぎ残しなども原因になります。一般的な原因としてはモルモンバランスの乱れですが、良質のタンパク質を摂取することとお酒やタバコはほどほどにすることです。

レーザーで綺麗な肌に戻す

ニキビを治療する場合は病院の皮膚科へ行くことになります。治療法としては症状に合わせて治療計画を立てることになりますが、医師との話し合いによって適切な治療を行うことになります。保険が使えるので3割負担で治療ができ、経済的です。主に薬物治療が行われますが、塗り薬と飲み薬の併用になります。ニキビ痕が残ってしまった場合の治療は、整形外科で診察を受けることになります。一般の美容外科クリニックでもニキビ痕の治療を行っています。ニキビ痕には主に3種類あって、クレーター状に肌の表面がでこぼこになってしまうケース、色素沈着を起こしてシミの原因になってしまうケース、炎症を起こして赤みになってしまうケースなどです。クレーター状になってしまうと見た目も悪く、肌が荒れてしまいます。この場合にはレーザー治療が行われます。皮膚へのダメージを抑えながら、皮膚の内側の真皮層のコラーゲンを増やし、内側からへこみを盛り上げるのです。1回の治療で照射部位の10パーセントから15パーセントが新しい肌に生まれ変わることができます。色素沈着を起こしている場合は、特殊な光を当てるフォトフェイシャルという方法で治療します。これはメラニン色素の細胞だけが反応する治療法なので、肌の他の部分を傷つけることなく色素だけを消すことができます。赤みが残っている場合も同じくフォトフェイシャルで赤みの色素だけを消すことができます。レーザー治療は進歩の度合いが早いので、様々な肌のトラブルを解消することができるようになっています。今後はもっと難しいニキビ痕でも元の綺麗な肌に戻せるようになります。