ニキビ治療で美容クリニック|整形で美肌をゲット

鏡を見る女性
`

思春期にできるぶつぶつ

美容整形

ニキビのでき方

思春期にできるぶつぶつ、ニキビは、毛穴が詰まることが原因になることがあります。思春期になって男性ホルモンのテストステロンの分泌が増えると、それと同時に皮脂の分泌が増え、この皮脂が毛穴を詰まらせる原因となるのです。その詰まった毛穴の中で、乾いた皮脂や死んだ細胞がたまると、毛穴が開いて中の状態が見えている黒ニキビとなります。反対に毛穴が閉じた状態になると白ニキビと呼ばれるものになります。この閉じた状態の毛穴の中には、空気中にある酸素を苦手とするアクネ菌がいて、そのアクネ菌は皮膚上の皮脂を栄養としてたくさん増えてしまいます。その時、脂肪分解酵素でもあるリパーゼという成分を出して、皮脂から遊離脂肪酸というものを作り出しコメドとなります。また、紫外線や空気中の酸素も皮脂を酸化して過酸化脂質とします。このような反応が起きた結果、肌の上で炎症が起きて赤ニキビとなります。その場所に膿みがたまってくると黄ニキビとなります。さらに炎症が進むと毛穴が広がり中身が流れ出して、皮膚上でどんどんニキビの元となるものが広がってしまいます。その時は皮膚の深い部分が傷ついているので、仮に炎症が治っても痕が残ってしまいます。男性の場合、男性ホルモンのテストステロンは、20歳代後半になると、殆どの人が分泌量が減るので、ニキビそのものの発生も減ってきます。女性の場合、ニキビが出来たからと言って角層と化粧が厚くなったりすると、化粧品が毛穴を詰まらせ、さらに悪化する場合もあります。また、男女問わず睡眠不足や食生活の乱れやストレスなどの不摂生な生活もホルモンバランスの乱れを招き、これを悪化させる原因となっています。普段チョコレートなどの特定の食品などもニキビを悪化させると言われています。食生活や日々の生活習慣を意識しても、なかなか改善が見られないのであれば、美容整形外科で治療を受けるという方法も視野に入れてみましょう。いまは様々なニキビに合わせた治療が行なわれています。

正しい治し方

ニキビの治療には塗り薬を使う場合と使わない方法があります。使わない方法の一つにホルモン療法があります。また男性ホルモンを抑える女性ホルモンを投与するという場合もあります。その他、炎症が起きていると使えませんが、古い角質を除くピーリングや、炎症を抑えるステロイドの局所注射、ニキビ内の皮脂を取り除くレーザー治療などの方法もあります。外用薬による治療は、昔は硫黄製剤でしたが、2008年にアダパレンの使用が認可されました。アダパレンはニキビの面ぽうが出来るのを防ぐ作用があります。この作用により毛穴が詰まることがなくなり、新しいニキビができなくなるのです。様々な方法がありますが、整形外科での治療が人気となっています。ケミカルピーリングやイオン導入など、ニキビの状態に応じて治療が行なわれています。普段の生活習慣も変えていきながら、美容外科で治療を行なっていきましょう。多くの場所でカウンセリングもしっかりと行なってくれるので、安心して治療を受けることが可能です。